ワーホリ留学時々マイル

海外中級、初心者マイラーの雑記

【オファーが来た場所公開】ワーホリのローカルジョブをゲットする簡単な方法

f:id:ryugakusan:20170630000213j:plain

 こんにちは( *´艸`)

 PV数がついにを超えた大人気記事ワーホリ編第三弾です!

 前回はこの記事でワーキングホリデー用のレジュメの書き方を解説させて頂きました。

www.yoyoko.site

今回は出来上がったレジュメをもってサクッと仕事を見つけるまでを書いていきたいと思います。

 

ワーホリでの仕事の探し方は大まかに3つほどあるので、それぞれ説明していきたいと思います。別に3つに分けたほうがたくさん書けるからとかじゃありません!(( ´∀` )

 

私が仕事獲得までに登録したサイトやレジュメを配って反応があった場所なども具体的に書いていくのでござる!

 

この記事を読むと仕事探しの詳細がわかりイメージしやすいと思います。

ではれっつごー!

 

ワーキングホリデーの仕事の探し方

 

ワクワクしながらオーストラリアについて町をぐるっと回ってみると海沿いの素敵なカフェやおしゃれなバー、五つ星ホテルのフロントなど素敵な仕事がたくさん見つかると思います。

 

が!!

 

最初の仕事で100%理想の場所、理想の職種をGETするのは不可能に近いと思ってください。 なぜなら職歴もレファレンスもコネもないから(現地に最初から友人がいたりなんらかのコネがある人は別です)

 

特に都市中央のおしゃれな働き場所はオージーでも難しいので必要なスキル、英語力や経験は相手を凌駕するレベルが欲しいです。

 

さてさて、みなさんが日本でバイトを探す時はどうするでしょう? 

 

だいたいの方がオンラインで見つけるか、駅前にある雑誌を読む、もしくは友達に聞く、などだと思います。

しかしなぜかワーキングホリデーになるとこれらをやる前にいきなり飛び込みで探す人が多いです。 色々なブログに書いてありますからね(笑 足を棒にして毎日レジュメを配った的な話が。

 

もちろんこの方法もあるのですがどう考えても非効率でならないと思います。

オーストラリアワーホリの仕事の探し方を3つに分けるとしたら

  • 飛び込み(結局かい!) 
  • オンライン 
  • コネクション

が定番手段になるのでこれらを順番に説明していきたいと思います。

その1みんな大好き飛び込み営業!

飛び込みをディスっておいていきなりこれでごめんなさい( *´艸`)

 あまり効率はよくありませんが、狙った場所にピンポイント就職したいのならばこれしかないと思いますし、いざレジュメを準備して行動を起こす時に最初にアクションできるのも事実だと思います。

 

飛び込みで必要なのはズバリ気合!

 

それだけです、仕事獲得を目指してひたすらレジュメを配る以外特にないのですがそれだけだと怒られそうなので、比較的GETしやすい仕事の紹介と私が飛び込みでレジュメを配ってぜひ会いたいと反応が来た場所をいくつかご紹介いたします。

 

職歴なし! 英語力なし! 彼女もなし! でもGETできるワーホリJOB

シティジョブの中で職歴がなくてもGETしやすい仕事は他のアジア人や異国っぽい人達が大勢働いているかどうかと少し都心部を離れた場所を探す事です。

 

その例でいいうと一番受かりやすのは少しだけ中心地から遠いホテルのハウスキーパーだと思います。

 

 

実際飛び込んで反応が来た場所一覧

 

私が滞在していたのは西オーストラリアのパースという所で、最初の3週間は街を回ってレジュメを配ったりしていました。

約40枚程度を明らかに無理そうな超高級ホテルやバーにに絞ってトライしていましたが途中で飽きました( *´艸`)

 

その中で実際面接までいったのが

rolld という春巻きっぽいアジアンフードのお店のキッチンハンド

crown casino でのクロークという荷物を預かる場所の受付

holiday in hotel でのハウスキーパー

です。

 

クラウンだけはどうしてもカジノで働きたくて粘って渡したのですがその他はわりと適当に渡しただけでした。

 

ドキドキの瞬間! レジュメを渡す時聞かれる事まとめ!

一番最初に飛び込みでレジュメを渡すのはすごく緊張します。

実際私は気になるカフェの周りを5往復くらいしたと思います(笑

 

ですが、オーストラリアでは飛び込みは普通ですし、聞かれる事なんて決まっているので下に定番の質問をいくつか書いていこうと思います。

  • 働く資格はあるか(VISAの種類や期間など)
  • 住んでる場所(ざっくり)
  • 週何日入れるか
  • 持ってる資格(RSAなど)

 日本のバイトとほとんど変わりませんね(笑  

その2オンラインでまとめてレジュメ配り

 

実際に私が最高時給57ドル超えの仕事をGETしたのがこの手段です。

オーストラリアにも仕事募集のサイトや掲示板はたくさんあるので以前紹介したサイトとは別にワーホリやバックパッカーに強いサイトをいくつか書きたいと思います。

 

 

Travellers At Work - Australia's leading job network for working holiday & gap year travellers

 

Home - The Job Shop- Providing Great Jobs for Australians, Backpackers and Travellers - The Job Shop  

 

Backpacker Jobs Australia | Working Holiday Jobs for Travellers

 

2個目のやつは西オーストラリアメインで私が実際月60万以上稼いだ仕事を紹介してくれたエージェントです。

 

 

 

その3やっぱり最強! コネ入社!

いつの世もこれにまさるものはありません。 実際条件のいい仕事はかなりの確率で辞めるときにだれかを紹介します。 私も超好待遇リゾバを辞めるときは友人を紹介して泣いて喜ばれました( `ー´)ノ

 

ですので、ここでは現地でコネクションを増やすのに役に立つTipをいくつか挙げてみたいと思います。

 

  • 現地の語学学校に少し通う
  • ルームシェアのルーミーに聞いてみる
  • オンラインで友達増やす

 

このあたりが定番の手段です。 上の二つは読んで字のごとくなのでオンラインでの友達を増やせる手段として2つほど例をあげてみたいと思います。

 

 異国で友達を増やす定番手段!

まずは meet up です

www.meetup.com

 

このサイトは共通の関心事がある人達がイベントを作って気軽に参加できるサイトです。 

ここでLanguage Exchange や Japanses English などと検索してでてきたグループに参加してみるのもおすすめです。

 

お次はマッチングアプリ!  

そう、仕事を得るためには手段を選んではいられません!!

なので、マッチングアプリのTinderなんかも使ってみてもいいかもしれません。

 Tinderとはざっくりいうとカジュアルな出会い系なのですが、日本ほど暗いイメージはなく普通に友人探しなどにも使えるのでアカウントを持っていて損はないと思います。(特に海外では)

 

※ Tinderを使う時のポイントですが、女の子の場合相手を女の子に限定して探すのが安全でいいと思います。 同性の友達が普通に欲しくて使ってる子も多いので割とすぐ仲良くなれるはずです。

 

まとめ

 つらつらと書いてきましたが職探しは巡り会いと運の要素も大きいです。

まず一度でいいからローカルの仕事を見つける事ができると経験値も人脈も一気に広がるはずです。

最初の仕事がなかなか見つからないと精神的につらい事もあるとは思いますが所詮バイト探し! 

諦めないで探していけばかならず見つかるのでぜひトライしてみてください! 

 

 

 次回はジョブインタビュー対策です!

www.yoyoko.site